城跡散歩

rainbow75.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

豊薩戦と角牟礼城(大分県玖珠郡)

b0162268_3352017.jpg

室町以前に築城されたと言われる角牟礼城。

名の知れた城ではありませんが、豊臣秀吉の九州征伐以降、現在の大分県日田市・玖珠郡の領主になり、のちに初代佐伯藩主になる毛利高政が整備した、近世山城の特徴をよく残した見ごたえある城跡です。三の丸まで林道が通じているため、登城は容易。


b0162268_349589.jpg

三の丸から登って行くと、早速一番の見所、搦手門跡に残る穴太積みの石垣が。やはり戦国の城は野面石垣が似合います。これほどの規模で残っているとは予想外。


b0162268_3551785.jpg

籠城の生命線、湧水を利用した井戸跡。今も水が絶えません。


b0162268_431450.jpg

二の丸跡、櫓門跡。礎石を見ると上に建っていたであろう建物を想像します。ぜひ往時の姿を見てみたいものです。


b0162268_454880.jpg

伝大手門跡…ということですが、二の丸と本丸の間に大手門?学者の研究でも縄張りからして大手門ではないと論じられているそうです。枡形を形作る石垣越しの眺望は素晴らしい。


b0162268_4183624.jpg

本丸跡は草が生えまくり。草をかきわけて散策。


b0162268_4194071.jpg

本丸北側にも石垣が。切岸っぽいものもあり、じっくり全容を見たいのですが、勾配が急な上に、植物に覆われすぎていて見づらいのが残念。

角牟礼城は岡城、臼杵城などと同じように、九州征伐前に破竹の勢いで九州統一を目指した島津軍の侵攻を防ぎ、落城しなかった数少ない城の一つでした。

山麓から仰ぎ見ると、こりゃ落とせんわ…と嘆息してしまいそうな急峻な山城で、遺構の残り具合といい、全国的に無名なのが惜しいほど。私的には吉野ヶ里遺跡の替わりに100名城に加えたいほど気に入っているのですが。そもそも吉野ヶ里って城?

関ヶ原の戦いの後に来島氏が玖珠に入り、森藩が成立します。しかし小大名の来島氏は城を持てる格式の大名とは認められず、角牟礼城も廃城となります。来島氏は角牟礼山の山麓に陣屋を築きますが、城を持つことへの憧憬があったようで、陣屋を城郭っぽくしてみたり、天守っぽい茶亭を建ててみたりと、城持ちに未練たっぷりの小大名の悲哀を感じさせる史跡を残しています。

しかし頭上に難攻不落と謳われた立派な城が聳えているのに、使わせてもらえないというのも、幕府は融通がきかないのか意地が悪いのか。
[PR]
by utah_jazz12to32 | 2011-10-13 05:01 | 大分県の城跡

九州を中心に有名無名問わず、城跡の散策・撮影と歴史背景を探索


by joe-un
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite