城跡散歩

rainbow75.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大村純忠と三城七騎籠(長崎県大村市)

b0162268_31379.jpg

日本で初めてのキリシタン大名、大村純忠。
目立った遺構は残っていませんが、その居城であった三城城跡。現在本丸跡は戦没者のための長崎県忠霊塔が建立されています。

b0162268_3404110.jpg

英霊に遠慮してか、城跡の石碑は本丸跡の隅の方で転がされておりました。せめて立てればいいのに。


b0162268_3423567.jpg

周囲を散策すると、空堀跡や土塁。


b0162268_475283.jpg

大手口からの登城路であったと思われる石段などが、わずかに往時を偲ばせます。

大村純忠は島原半島を拠点とする有馬氏の次男として生まれます。有馬氏の政略拡大のために彼杵の大村氏に養子に出され、大村純忠を名乗ります。ところが大村氏には本来家督を継ぐべき嫡子がいたため、ややこしいことに。

結局大村氏の実子は佐賀県武雄市の後藤氏に養子に行き、後藤貴明を名乗ります。純忠を完全に敵視した彼は、ポルトガルとの貿易や布教の拠点として栄えた横瀬浦を壊滅させるなど、豊臣秀吉が九州征伐に来るまで、平戸の松浦党や佐賀の龍造寺などとともに、度々大村領を襲撃して純忠を悩ませます。

この後藤貴明による三城城襲撃事件が、タイトルの三城七騎籠(さんじょうしちきごもり)。松浦氏、西郷氏と共謀して1500名ほどの軍勢を率いて三城城を急襲。突然の出来事に大村方はすぐに迎撃態勢がとれず、おもだった家臣7名と婦女子を含むわずか70名余りの人数で篭城を余儀なくされました。

この絶望的な状況に最期の杯を交わすなど、純忠も覚悟を決めたようですが、駆けつけた家臣が城外で敵将を騙し討ちにするなどの機転をきかせ、20倍以上の軍勢からかろうじて城を守りきったという、大村方が優秀だったのか、後藤方がお粗末なすぎたのか、よくわからない攻城戦でした。

三城七騎籠ではなんとか城を保った純忠ですが、肥前最強勢力になった龍造寺隆信には抗しきれず、家族を質にとられた上に、結局三城城から追い出されるという屈辱的な扱いを受けることになります。龍造寺への隷属状態は、隆信が沖田畷の戦いで討ち死にするまで続くのでした。

b0162268_4203368.jpg

家督を嫡子に譲り、三城城から数キロ離れた土地に構えられた坂口館跡。


b0162268_4293652.jpg

家督相続のゴタゴタを引きずり、キリスト教強制による反発からいつまでも一枚岩にならない家臣団、そして龍造寺の圧迫と、紆余曲折ありすぎて心休まらなかったであろう純忠の人生。最後は闘病と信仰の中で静かに生涯を終えました。

地方の小領主として合戦での華々しい活躍もなく、全国的な知名度もない大村純忠ですが、遣欧少年使節の派遣や長崎開港の先駆けなど、日本史に確かな足跡を残した大名でした。
「信長の野望」でも能力は低いんですけど、つい贔屓して使ってしまいます。
[PR]
by utah_jazz12to32 | 2011-09-15 04:41 | 長崎県の城跡

大友宗麟と臼杵城跡(大分県臼杵市)

b0162268_19515395.jpg

私のお気に入り戦国大名で、勝手に三大切支丹大名と命名している大友宗麟(あと二人は大村純忠、有馬晴信)の居城であった丹生島城(臼杵城)。
今は埋め立てで往時の面影はありませんが、海に突き出した土地に築城された天然の要害と呼ぶにふさわしい城でした。


b0162268_2012812.jpg

近くにある国宝臼杵石仏に併設されている博物館に、当時の城を再現した模型が。これだけ海と崖ではなかなか攻められませんで。


b0162268_19553570.jpg

二の丸と本丸の間にある空堀。奥には天守櫓台。
二の丸跡は運動場になっていたり、よくある公園として整備された城跡ではありますが、現存する二基の櫓や石垣、空堀など、見所ある遺構が数多く残っています。


b0162268_19592055.jpg

海に面していた搦手門。非常時にはここから船で脱出できるようにしていたとか。


b0162268_2065329.jpg

二の丸跡にある国崩しのレプリカ。本物は大友氏改易後に豊後に入った稲葉氏が、廃藩の時に政府に献上して靖国神社に展示されています。

博多を荒らして府内(大分市)を占領した島津軍。さらに南下して宗麟の籠もる臼杵城も攻め立てました。すでに家督はダメ嫡子義統に譲り、隠遁していた宗麟ですが、「国崩し」と命名した仏浪機砲二門をぶっ放して見事撃退に成功します。滅亡寸前まで追い詰められて、この数ヶ月後に病没する宗麟でしたが、臼杵城の攻防戦はかつて九州に最大版図を築いた戦国大名として、最後に放った意地と輝きでした。


b0162268_2021861.jpg

国崩しレプリカそばにある宗麟のレリーフ。何やら海賊のボスのようです。

立花道雪をはじめとする有能な家臣を束ねて、九州の3分の2を領土として栄華を極めた時代。キリスト教に傾倒して国まで傾けてしまった転落時代。そして最後は領土のほとんどを失いながらも、信仰の中で安らかに終わりを迎えた宗麟。
波乱万丈を生きた人物は多いですが、宗麟ほど浮沈の大きい人生を送った人物はなかなか見当たらないのではないでしょうか。

そもそも府内から臼杵城に移ったのも、奥さんが嫌で家出したからという、一国の長としてあるまじきなんとも情けない、いや良くいえば人間くさい理由でしたからねぇ。(実際は防衛戦略上の要因も大きかったようです)

宗麟だけでなく龍造寺に脅されまくった大村純忠と、詐欺師に騙されて刑死させられた有馬晴信など、三大切支丹大名はいずれも英雄と呼ぶには程遠い人生を送っています。

信仰を貫いて聖人化した高山右近や、天下を前に劇的な最期を迎えた信長、栄華を極めて死んでいった秀吉のような英傑と違い、この人間味溢れるダメッぷりに私は強く惹かれるようです。


b0162268_20342972.jpg

宗麟の努力も空しく、ダメ息子義統が朝鮮の役で敵前逃亡をやらかして秀吉の逆鱗に触れ、大友氏は豊後から追い出されました。その後臼杵城の城主は入れ替わり、稲葉氏の居城として明治を迎えます。

臼杵城から歩いてすぐ、城下町の面影を色濃く残した町並みが今も残ります。
宗麟が信仰に燃えた生涯を送ったこの土地は、少し前に詐欺事件を起こした小室哲哉の奥さんの出身地でもあります。ご実家はふぐ料理で有名な料亭を営んでおられるそうです。人に歴史あり。
[PR]
by utah_jazz12to32 | 2011-09-03 21:07 | 大分県の城跡

九州を中心に有名無名問わず、城跡の散策・撮影と歴史背景を探索


by joe-un
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite