城跡散歩

rainbow75.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:山形県の城跡( 1 )

北の関ヶ原と上山城跡(山形県上山市)

0
b0162268_19181542.jpg


上山温泉と歌人斎藤茂吉でやや有名な山形県上山市。

古くは伊達政宗の曽じいちゃん、稙宗に攻め落とされたり、最上義光が得意の謀略で落城させたりと、幾度も争乱の舞台になった歴史を持つ城です。

中でも一番有名な戦となると、やはり直江兼次・前田慶次の活躍が知られる上杉軍の山形侵攻でしょうか。まぁ結局攻めきれずに逃げ帰ったんですけど。やや悪意ある表現ですが、上山市は父方の実家ということもあり、私は最上軍シンパなもので。

b0162268_19225637.jpg

本丸からの眺望。4000と伝わる上杉軍がこの城に向かって攻めかかりました。

山形侵攻では直江・前田の長谷堂攻めばかりが注目されがちですが、上山城も上杉軍の猛攻に耐えた数少ない城の一つでした。

b0162268_1945266.jpg

模擬天守は二の丸跡に建てられているそうで。

城将、里見民部は上杉方に内通しているとの噂もありましたが、500程の寡兵で数倍の上杉軍を撃退する活躍を見せました。しかし戦後、最上家嫡男の殺害容疑で加賀前田家に出奔。しかし最上義光の要請で連れ戻され、護送中に山賊(刺客だったとも)に殺害されました。そして里見一族も粛清されるという、悲劇的な運命をたどります。



b0162268_19413224.jpg

ちょっとわかりにくいところにある堀跡。水が枯れることがなく、水源は不明だとか。

b0162268_19424134.jpg

関ヶ原後に普請されたという、わずかに残る江戸期の石垣跡。


b0162268_1951845.jpg

紫衣事件で流罪になった沢庵和尚が愛でたという桜など。


b0162268_19543772.jpg

私事ですが、叔父によると我が家系のルーツは上山城に仕えた武士家系であったとのこと。明治に入り、武士として食えなくなったから旅館を始めたとかなんとか。松平、蒲生、土岐、金森と何度も城主が変わった上山城、どの時代の城主だったのですかねぇと尋ねるも、さすがにそこまではわからんと。残念。

斎藤茂吉ゆかりの宿(祖父が茂吉の甥)として古くから続いた実家の旅館ですが、祖父母・叔母と相次いで他界。跡継ぎがいなかったため、叔父が近年手放しました。

今は入ることのできない、小さいながらも温泉を備えたこの旅館。夏休みには毎年帰省して田舎遊びを楽しんだ、子供時代の思い出が残る懐かしい場所です。
[PR]
by utah_jazz12to32 | 2013-08-13 19:51 | 山形県の城跡

九州を中心に有名無名問わず、城跡の散策・撮影と歴史背景を探索


by joe-un
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite